茨城事業本部概要

これまでも、これからも・・・
私たちは、世界が注目するサイエンスシティー筑波研究学園都市とともに発展していきます


1983年(昭和58)に、都市の象徴である「つくばセンタービル」が完成し、1985年(昭和60)には、「ショッピングセンター・クレオ」がオープンするなど、都心部の施設整備が進むとともに、周辺部の工業団地等への民間企業の進出も活発化しました。

科学万博の開催(1985)、つくば市の誕生(1987)、国等の研究教育機関の独法化(2001)などを経て、本都市は、我が国を代表するサイエンスシティとなり、成長してきました。

そして、つくばエクスプレスの開通(2005)や沿線地域のまちづくり、首都圏中央連絡自動車道の整備などにより、本都市は新たな発展段階を迎えております。

当事業本部は、今後もつくばを中心とする街の、快適で賑わいのある環境づくりをお手伝いしながら、この街とともに成長していきたいと考えています。